中性脂肪とは?

ダイエットでよく出てくる用語集、中性脂肪とは?

ダイエットをしているとよく聞く単語をいくつか解説します。

 

特にフォースコリーや脂肪燃焼系サプリでよく出てくる用語です。 まずは中性脂肪です。

 

 

中性脂肪

 

人は、体にエネルギー源を蓄積して体を動かしています。

 

このエネルギー源となっているのが、中性脂肪です。

 

トリグリセリドともよばれており、人が生命活動をする為に絶対に必要なものです。

 

食べ物を摂取すると、脂質は小腸から吸収し血液に入り、体内の生命維持活動をするために使われています。

 

しかし全て使い切る訳ではありません。

 

使いきれなかった余ったエネルギーは、中性脂肪となり体内に蓄えられるのです。

 

目に見えてわかるぶよぶよの脂肪は、中性脂肪といっていいでしょう。

 

中性脂肪は、脂質だけではなく肝臓で合成されることもあります。

 

そのため、炭水化物をたくさん摂取したりアルコールを飲んだときにも中性脂肪が蓄積されていくでしょう。

 

中性脂肪は、生命維持活動はもちろん内臓を守り、内臓の体温を一定に守る効果もあります。

 

内臓脂肪や皮下脂肪の数値が高いと駄目だと判断されることが多いですが、一定数値の中性脂肪は活きるためには必要なのです。

 

もちろん取りすぎもいけません。

 

中性脂肪が貯まり過ぎると血液が張り付き、血流を悪化させてしまいます。

 

その結果動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの病気を招いてしまうでしょう。

 

中性脂肪は基準値を守るようにして下さい。

内臓脂肪とは?

 

内臓脂肪とは、内臓の周りや腹筋内側などにつく脂肪のことを言います。

 

通常脂肪といえば、お腹や二の腕など目に見えてわかりやすい脂肪のことを言う人が多いでしょう。

 

しかし、目に見えてわかる脂肪は皮下脂肪であり、内臓脂肪は目には見えません。

 

そのため、見た目は痩せているけれども体重や体脂肪が多いという人は、内臓脂肪がたくさんついてしまっているのかも知れないのです。

 

内臓脂肪は特に男性に溜まりやすい脂肪だといわれおり、高カロリー食品の摂取や食べ過ぎ、高脂肪な食生活を続けることで蓄積されるといわれています。

 

内臓脂肪は、現在問題視されている脂肪の種類です。

 

なぜなら内臓脂肪が蓄積していくと、病気になってしまう可能性があるからでしょう。

 

過剰に内臓脂肪が蓄積されていると、生理活性物質が異常発生しやすくなり、ホルモン作用に異常が生じやすくなります。

 

この結果、高血圧や脂質代謝異常、高血糖などが発生してしまうのです。

 

また、内臓脂肪をそのままにしておくと動脈硬化や脳血管障害、心筋梗塞などが起こるともいわれています。

 

内臓脂肪は、外から見ただけではわかりにくい脂肪です。

 

細見の人でも内臓脂肪がたくさんついている場合もあるので、注意をしましょう。

 

ダイエットに欠かせない成分、キトサンとは?

 

キトサンは、カニやエビの甲羅などに多く含まれている成分です。

 

カニの甲羅にはキチンという成分が含まれていますが、これを加工した成分がキトサンなのです。

 

キトサン

 

キトサンは、動物性の食物繊維です。

 

そのため消化吸収されることなく、体内で活動し続けます。

 

体内に摂取することで有害物質に吸着する働きがあり、また、キトサンが吸着した成分はそのまま体外に排出されていくでしょう。

 

コレステロール、脂質、胆汁酸など体に悪い成分を吸着しそのまま排出する効果のあるキトサンは、ダイエットや健康に高い効果を発揮するといわれています。

 

キトサンを摂取する値、肥満の改善、コレステロール値の低下、高血圧や高脂血症、糖尿病の改善や免疫力を高める効果があるといわれています。

 

今のところ重大な副作用も確認されていない為、健康やダイエットの為にキトサンを摂取する人がどんどん増えているといわれています。

 

キトサンは、普段の食生活での摂取は難しいでしょう。

 

その為サプリメントからの摂取が一般的です。

 

重大な副作用はありませんが、取りすぎると下痢や便秘になる可能性もあるので一日の目安量を守り、安全性の高いメーカーのサプリメントを服用することをおすすめします。

 

フォースコリーをお得に買うには↓

page top